大量の家電を処分したい時にも不用品回収は利用できるのか

>

大量の家電の処分に困った時は

自治体に相談してみる

家電類は法の規定、自治体の規定なども絡むので厄介ですよね。
燃やせないゴミか粗大ごみの2択で良ければ悩まずに済みますが、大きさや長さで扱いが変わる物、大きさや長さは関係なく品物で分別が判断される物など紛らわしいものも多いです。
捨て方がわからない物は自治体に相談したり、ホームページや冊子で細かく分別について記載されているので確認すると確実です。
粗大ごみ扱いかと思ったら、燃えないゴミの日に出せば良かっただけの物もあるかもしれません。

もともとの形状ではなく、分解すれば燃えるゴミの日に出せる物もあります。
粗大ごみでシールを買いに行ったり、持ち込んだりすることを考えると手間はかかるが燃えるゴミで処分できれば手軽な場合もあります。

不用品回収業者に相談してみる

自治体に相談したり、ちょっと調べたら分別方法や捨て方がわかるのは知ってはいるけど、引っ越しの期日が迫っていたり、何らかの事情で処分を迫られている時はそんな事している時間もないと焦っているなら、不用品回収業者に依頼してお金で解決して片付けてしまうのも良いですね。

不用品回収業者によっては特定の家電は引き取らないと記載されている場合がるので、申し込みたい家電類の中に該当商品がないかは確認する必要があります。

家電リサイクル法が絡む、テレビ、パソコン、冷蔵庫、洗濯機などはNGの場合が多いようです。
それらの家電だけはリサイクルショップや購入店舗で個別に処分するか、危険物以外は何でも引き取ってもらえる業者に依頼するかは自分の予算や時間に合わせて決めると良いですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る