大量の家電を処分したい時にも不用品回収は利用できるのか

>

大量の家電は不用品回収に依頼できるか

まずは自治体のホームページなどをチェック

不用品をゴミとして出したい場合には各自治体のホームページを確認することをおすすめします。
自治体によって処分方法が違うのもありますし、普段捨てない物だと処分方法を勘違いしてしまっている場合も考えられます。

粗大ごみだと思い込んでいて面倒で捨てないで放置していたけれど、燃えないゴミの日に捨てられる家電もあるかもしれません。
反対に燃えないゴミで捨てられそうなのにNGの家電もあります。
厄介品の代表としてはガスコンロですが、こちらは粗大ごみに該当するので有料になります。

知らずにゴミ集積場に捨てて回収されずに置いて行かれてしまうと、ご近所さんにも迷惑がかかってしまうので、今まで捨てたことのない物を処分する時には念の為確認をしましょう。

なるべく処分コストを下げよう

自治体のホームページでゴミの処分方法を確認すると五十音順に分けられていて、それぞれの処分方法も詳細に書かれています。

物によっては既定の長さ未満なら無料、それ以上なら有料の場合があります。
手間かかってしまいますが、長さを短くしたり分解出来るだけ分解して小さくして規定内におさえると捨てやすくなります。

比較的綺麗で購入から何年も経っていないような家電の場合はリサイクルショップが無料または買取で引き取ってくれる場合もあります。
家電リサイクル法などが絡んで処分するのにも費用がかかるものは、リサイクルショップに相談してみると良いかも知れません。

リサイクルショップでも引き取ってもらえない家電は各自治体の指定する方法で処分することになります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る